2015年3月31日火曜日

Pebble非公式日本語化手順/2015/03/31時点での最新情報

Pebbleに日本語化は、今までTexpressさんから提供されていたファームウェアを入れ替える方法しかなかった。が、最近、韓国のCryingnekoさんより、日本語化パックが提供されたので、こちらの手順をまとめておきたい。

ファームウェアによる方法では、Pebble社から公式アップデートが出るたびに、日本語化されたファームウェアを適用する必要があったのだが、日本語化パックはこの影響を受けないのが最大のメリットであり、Pebbleの設定画面などもすべて日本語化されている点が異なる。あと、Pebbleの機種ごとに適用するパッチを選ぶということも不要。フォントの大きさ変更による影響も受けない。

大変すばらしい!

以下、iPhoneのみの記述になるが、日本語化パックはAndoidも含めて利用可能(なはず)。

まず、今までTexpressさんのファームウェアを適用していた場合には、リカバリーを行って、標準の英語ファームウェアを適用する必要がある(適用していなかった場合には不要。<ここから日本語化パック適用の手順>以下のみを行えばOK)。ちなみに、Pebbleには「リカバリーモード(Recovery Mode)」と「工場出荷状態に戻す(Factory Reset)」があるのだが、「工場出荷状態に戻す(Factory Reset)」ではファームウェアはそのままで、導入したアプリケーションが消えてしまうだけなので、今回は「リカバリーモード(Recovery Mode)」を行う。


  1. 右上の「Up」、左の「Back」、そして右中の「Select」ボタンを同時に押したまま30秒待つ。
  2. スクリーンに「Loading...」が表示されたらボタンをリリースする。
  3. リカバリーモードに入るので、Pebbleが時刻を表示する状態になるまで待つ(たぶん1,2分程度かかる)。
リカバリーを行うとBlueToothの通信が不安定になることがあるので、通信設定を再度行ったほうがいいかもしれない。iPhoneの「設定」から「Bluetooth」を選び、2個あるPebble関連の接続を「丸で囲まれた青字のi」それぞれ選び、「このデバイスの登録を解除」すればOK。


そして、改めて接続を行う際には、iPhone上でPebbleアプリを立ち上げ、接続するPebbleとペアリングを行う。


次に、Pebble側でペアリングを承認。

<ここから日本語化パック適用の手順>
1.iPhoneのSafariでhttp://wh.to/pebble/index_jp.htmlにアクセスする。Chromeでも行えないことはないかもしれないが、自分の場合「Pebbleで開く」が表示されなかったのでSafariを推奨。

2.pbJapanese_j03.pblをクリック。ただし、このファイル名は2015/03/31時点でのバージョンなので、数字部分は変わっている可能性あり。

3.以下の画面になるので、

「Pebbleで開く」を選択。

4.下記の左の画面になるので、待ち時間表示棒が伸びきるのを数分辛抱強く待つ。


5.ダウンロードが完了すると、言語の選択が行えるようになる。最初はEnglishになっているはずなので、「Selected Language」を選んで、そして次の画面で「日本語(日本)」選び、「Back」を押して元画面に戻る。ただし、「日本語(日本)」は最初の状態では「pbJapanese_j03」のような表現になっているケースもある。


6.Selected Languageが「日本語(日本)」になっていることを確認し、「Set Language」を選んだ後、SETTING COMPLETE画面で「DONE」を押して終了。「日本語(日本)」は「pbJapanese_j03」のような表現になっているケースもあるが、あまり気にしなくてよろしい。


7.Pebbleを見ると、設定画面やNotificationの通知内容も日本語化されていることがわかる。これで完了。


Pebbleが本物のスマートウォッチになった瞬間である。はっきりいって、充電が一週間近くもつPebbleは、AppleWatchよりも使い勝手がいいと思う(AppleWatchはさわっていないので何とも言えないがやはり充電問題はでかい)。

というわけで、Cryingnekoさんに感謝。カムサハムニダである。PayPal経由でドネーションできるようになっているので、差し支えない方は是非寄付を行っていただければと思う次第。

しかし、日本語化は非公式なのに、中国語は公式で対応されているところが少々悔しかったりもする。が、ユーザ数を考えるとビジネスとしては当然か。

Evernote for Pebbleが日本語で使えるようになったのが個人的に嬉しい!






2015年3月8日日曜日

災害対策教育/イングレスを使った避難場所と経路の事前学習

Ingressにはミッションというメダルがある。事前に用意された複数のポータルをたどってハックを行ったりなど、要求される連続したアクションを完了すると、評価ポイントがつくというものだ。このミッションは自由に作って申請することができる。

住居や勤務先近辺の災害時避難先候補や避難経路を事前に体験するために、Ingressのこの「ミッション」を利用するのはどうだろうか、と思いついたのでここにメモしておく。

自治体が率先して地図をつくって地域に配布しても、すべての人に行き渡らないし、地図を入手しても意識して見る人は少ないだろう。もちろん、Ingressのプレーヤーだけが学習しても仕方ないことだが、少しでも学習した人間が大規模災害時に誘導の役割を果たす可能性を期待したい。

また、普段の行動範囲だけではなく、右も左もわからない旅先などで、まず近くの避難経路ミッションを行う習慣を、旅行会社なり観光地が推奨するというのもアリ?