2015年4月13日月曜日

25年ぶりの家庭教師/オッサンになってから思う効率のいい受験勉強法

学生時代はけっこうな人数の子供を家庭教師として教えた。6年間で30人以上。社会人になりたてのころも、依頼を断りきれずやっていたので、計35人ぐらいだろうか。受験直前の冬休みの一週間で、高校物理三年分を一気にやるというような荒行もあった。科目も、ありとあらゆるものをやった。自分自身が得意ではなかった科目も、要望があれば勉強しなおして引き受けたので、古文や倫理社会も教えたことがある。しかし、今では、いろんな受験知識もテクニックも忘却の彼方となっていた、はずであった。

さて、先週、親しい友人から、お子さんの勉強を見て欲しいという相談があった。今さら教えられるはずもなく、どうしたものかというところだったのだが、勉強自体ではなく、勉強のやり方をということだったので、あまり考えずに引き受けることに。

そのお子さんは習い事をされていて、そのためまとまった勉強時間をとることができない、という悩みがあり、とにもかくにも効率のいい勉強方法を教えて欲しい、とのこと。以下、事前準備なしで、その場で考えて応答したものを後でまとめなおしたメモとなっている。

事前に断っておくと、創造性を育むとか、そういう勉強法とは無縁の、かけた時間に対するリターンだけを考慮した、ROI重視の身もふたもない手法である。

<勉強の基本>
かけられる時間があまりない受験生の場合、効率を考えるべき。かけた時間に対するリターンを最大にするということに徹する。例えば、現国は学んでもあまり点数はあがらないことが多い。国語の場合やるべきは古文と漢字である。できるだけ暗記で「カタ」がつくものを選ぶ。

  1. まず目標に対してやるべきことの全体を把握する。
  2. 1に関して、わかっていることとわかっていないことの分類作業を行いやすいマテリアルをつくる(単語カードや京大カードがお薦め)。この作業で暗記のためのベースが作成される。
  3. マテリアルを使って分類作業を行う。これを勉強と勘違いしてはいけない。勉強しているのに、勉強ができない子供はけっこうこのパターンが多かった。
  4. わかっていない部分の暗記と問題の演習。これが勉強である。

勉強自体は暗記ではないが、受験勉強のほぼすべては暗記に還元される。極論するとわからなくてもいい。しかし、わからないと暗記効率が悪いので、ポイントは理解するべき。そこで重要になるのは、暗記する情報の大きさ(Granuarity)である。ポイントだけでは役に立ちにくいので、ポイントを含んだ情報の大きさを科目別に見出すことが重要。

「身につける」とはよく言うが、例えば単語語の場合は、日本語を言われたら、それを含む英文を暗唱できることが、その定義となる。各科目分野で「身に付ける」は異なる(たぶん)。

参考書は、一冊を頭からおしりまでやるのが大事。あまりたくさんに手は出してはいけない。

<時間の使い方>
ポモドーロ方式:25分を1セットにして5分休む。1セットの内容を記録する。もちろん人によって、25分を長くしたり短くしたりするのはOK。

メインの勉強とサブ勉強(ポモドーロの休憩時間に息抜き用の勉強材料をこなす)を組み合わせるのは、人によるがお薦めできる。

一週間で何セットできるかを大体把握しておきたい。

<英語>
英単語熟語:例文カード作成と暗記(カードを作る過程でけっこう覚える)
語源系カード:未知の単語と出会ったときの訓練になる。
英文法:パターン例文カード
長文は早めに始めると効率が悪いので後回しにする(志望大学の過去問中心で)。
英作文は、単語で例文を覚えまくるので特に無理してやらなくてもだいじょうぶ。

<数学>
実は暗記ものである。ただし、暗記の単位は問題であり、公式ではない。公式は英語の単語に相当するが単語だけを覚えても役に立たないのと同じく、問題を覚える。ただし、まったく同じ問題が出ることはないので、結果的に「解く」ことになる。

ただし、分野ごとの代表問題の選択が難しい。これは参考書の選択がすべてである。これを元に問題と答えのカードをつくっていく。

<国語>
試験の直前に、古文の単語の暗記をするぐらいで充分。逆に…古文を日本語だと思って読めば何とかなる、というのは誤り。外国語だと思ってやる。現国は漢字が苦手なら、ひたすら暗記。

<プロジェクト・マネジメント>
受験勉強はプロジェクトマネジメンである。そして、それを自分でやれるか、人にやってもらうか、となる。当然、自分でやれるようにしたいところ。

プロジェクトをサブプロジェクトに分解し、タスクに分解する。タスクは、いろんな時間単位が考えられるが、ポモドーロの1セット、1日、1週間などで自分に合ったものを選ぶ。あまり細かいと管理が大変で、勉強自体ができなくなる。

なお、受験の場合、タスクの属性は、繰り返しの有無、期日(繰り返しなしの場合)ぐらいで充分。ただ、タスク管理は、何かツールを使うと便利。